現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

とかしき島へ行ってきた!|沖縄ラボPassでもっと沖縄旅行を楽しもう

とかしき島
沖縄へは出張でしか行ったことのない筆者が、週末を利用してとかしき島へ日帰り旅行!
その際の体験記を「とかしき島に行ってみたいな~」と思っているであろうビギナーさんに向けて書いていきたいと思います。

とかしき島とはどんなところ?

とかしき島は、国立公園ににも指定されている慶良間諸島の一つ。那覇にある泊港(とまりこう)からは高速船で35分の距離にあり、日帰りで訪れることも可能です。
島の周りは世界屈指の透明度を誇る海が広がっています。その海の青さは「ケラマブルー」とも言い表され、海を見ているだけで癒される、という人も多数。

いざとかしき島へ!

那覇にある泊港から、高速船・フェリーが出ています。
今回は4月の少し肌寒い時期に行ったので予約なしでも乗船することができました。GWや夏休みは満席になる日が多いため事前予約がおすすめです。
往路は高速船、復路はのんびりフェリーを利用することにしました。
フェリー
チケット購入を済ませたら、船まで移動します。窓口からは歩いて10分ほどの場所に船が停泊しているの、出発時間の30分前にはチケットを購入し船へ向かうのがベストです。
(そこまで距離があると知らなかった筆者は待合室でのんびりパンを食べていて、危く乗り遅れるところでした。)

高速船はその日の波の状況によってはかなり揺れます。乗り物酔いが心配な方は寝てしまった方がいいでしょう。

とかしき島到着、阿波連(あはれん)ビーチへ移動します!

渡嘉敷港にはマリンショップのお迎えの方がたくさん待っていました。島内の主な移動手段は、レンタカー・レンタルバイク・タクシー・バスの4種類。今回筆者は、シーフレンドの「気ままに遊ぶ海水浴プラン」を予約していたので、シーフレンドの青いバスを探して乗車しました。
バス外観
港~阿波連ビーチは約10分で到着です。さて、今の時刻は9時47分。せっかくのケラマブルーを満喫しよう!とシュノーケリングを予約しているのですが、13時スタート。それまでの時間どう過ごそう、、「海を見ているだけで癒される、、」そんな事前情報を思い出し、ビーチでぼーっとすることにしました。

ビーチでごろごろからのお昼ご飯

せっかくならビーチで寝ころびたい、でもレジャーシート持ってない。。憧れのデッキチェア借りちゃう!?ということで、デッキチェアとパラソルをシーフレンドでレンタルしました。
たまに日は射すが暑すぎない、、というお昼寝にぴったりな気候だったこともあり、ケラマブルーもそこそこに意識を手放してしまいました。
思いのほかしっかり寝ていたようで、気づいたら12時!シュノーケリングまであと1時間。お昼食べなきゃということで、急いで昼食を食べに行きました。
もずくそば
お昼はカレーライスを食べました!

待ちに待ったシュノーケリング!

ついにお楽しみのシュノーケリングの時間になりました!スタッフさんからウェットスーツを受け取り、着替えたのちに機材の使い方レクチャーを受けます。船までは、軽トラの荷台に積まれて3分ほど移動します。船に乗り換えエントリーポイントまでは約5分のクルージングです。この時ばかりはと、雲も薄くなってくれたのでケラマブルーを満喫!海の中はどんな様子だろうと期待値もMAXです!
船
いざ海中へ!波が少し高かったこともあり入水直後は、うまく息ができない!私大丈夫か!?と最後まで参加し続けられらるか不安になりましたが、インストラクターさんが先導してくれる浮き輪に
捕まらせてもらえたので、ものの数分で波にも慣れ落ち着きを取り戻すことができました。よかった。よかった。

シュノーケリング中はインストラクターさんが魚について解説をしてくださったので、たくさんの魚と珊瑚を楽しむことができました。
また透明度が高いため、波の影を海底に見ることができたのも初めての体験でとても印象に残っています。

一つ残念なことと言えば、海中の写真を撮ろう!と防水ケースを会社の先輩に借り、スマホでの写真撮影を試みましたが、ほとんどピンボケ、、、。
海中写真が撮りたい方は、それ用の機材をご準備ください。

名残惜しいけど、帰りの時間になりました

シュノーケリングが終わったら、シャワーを浴びて体験終了です。帰りのバスまで少し時間があったので、阿波連ビーチ付近を散策したり、ビーチでお酒を飲んだりしてゆったりとした時間を過ごしました。帰りのフェリーは16時発。15時30分頃にはバスに乗って港へ向かいました。普段なら人が多くては入れないという雑魚寝エリア(正式名称は何だろうか)へ。帰りもあっさり夢の中へ。約1時間の航路のはずが、気づいたときには泊港に到着していました。
雑魚寝
今回は日帰りでしたが、とかしき島には宿泊施設も複数あり、泊りがけで行くことも可能です。とかしき島から見る、サンセットもすごくきれいだとうわさに聞くので、次行くときは泊りで行こう!と心に決めた筆者でした。

シーフレンドで沖縄ラボPassを使おう!

ポイントメニュー

✪ 4ポイント|気ままに遊ぶ海水浴プラン

✪ 10ポイント|レンタルセット

✪ 14ポイント|ボートシュノーケル

※気ままに遊ぶ海水浴プラン:(港~ビーチ送迎、施設利用料(トイレ、シャワー、更衣室)、昼食)
※レンタルセット(2名用):(パラソル1本、デッキチェア2台、シュノーケルセット2個)
※ボートシュノーケル:(港~ビーチ送迎、施設利用料(トイレ、シャワー、更衣室)、昼食、シュノーケルセット一式)
.

沖縄ラボPassでもっと楽しくなる沖縄

沖縄ラボPassのイメージビジュアル210610
沖縄ラボPassは「観光」・「体験」・「移動」・「食事」など沖縄にある100以上の施設やメニューで使えるフリーパス!もちろんシーフレンドも対象ですよ。
沖縄ラボPassをきっかけに思いがけない沖縄との出会い・体験を。

▶沖縄ラボPass公式サイト

シーフレンドの基本情報

【住所】 〒901-3502 沖縄県渡嘉敷村阿波連155
.
【電話】 098-987-2836
.
【施設URL】 https://www.seafriend.jp/index.php

こちらの関連記事もどうぞ

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.