songbird cafe【読谷村】海&カフェでほっこり時間♪

Tags:

公開日:2015/10/13

Pocket

読谷村songbirdcafe楽しい沖縄旅行。せっかくなら沖縄らしいのんびりとした時間をカフェで過ごしてみるのはいかがですか?

青い海を見ながら1杯のコーヒーをゆっくりと味わう・・・そんな贅沢をできるのが読谷村にある「songbird cafe(ソングバードカフェ)」です。

賑やかな観光地からは少し離れた場所にあるので、沖縄のカフェタイムを満喫するのにはぴったり。アナタの休日をちょっとスペシャルにしてくれるカフェをご紹介します!

1.songbird cafeってどんなカフェ?
2.気になるメニューをチェック
3.オススメの過ごし方
4.アクセス&予約
5.読谷村でほっこり沖縄カフェタイム

1.songbirdcafeってどんなカフェ?

読谷村songbirdcafe沖縄自動車道・沖縄南ICから車を走らせること約20分。海沿いの細い道に「songbird cafe(ソングバードカフェ)」はあります。

緑いっぱいの玄関から扉をくぐると、可愛らしい木のカウンターとオーナーさんの笑顔がお出迎えしてくれました。

さりげなく音楽が流れる店内は、座敷席もあわせて20席ほど。

決して席数は多くありませんが、テーブルの間隔がゆったりとしていて開放的なので窮屈さはまったく感じません。

読谷村songbirdcafeお店奥にある座敷席は子ども連れでも安心してすごせる広さ。

おしゃれなブックシェルフが目隠し代わりになっているのも嬉しいポイントです。この日も、お子さんを連れたママグループがのんびりおしゃべりを楽しんでいました。

読谷村songbirdcafeそして、なんと言っても心トキメクのが、窓の向こうに広がる青い海!

そうココsongbird cafeはロケーションの素晴らしさからも人気のカフェなんです。

太陽に輝く海を見ながら時間を忘れて過ごす・・・そんな贅沢なカフェタイムにはぴったりのお店です。

読谷村songbirdcafe近くの港からはホエールウォッチングの船も出ているそうで、冬には遠くにクジラを見ることも出来るとか!

『双眼鏡でも置いておこうかな・・・』とオーナーさんは笑って話していましたが、ぜひそうして欲しいと本気で思ってしまいました。

そんな季節ごとに変わる沖縄の海を感じることができるのも、songbird cafeの大きな魅力です♪

2.気になるメニューをチェック

読谷村songbirdcafeSongbird cafeのメニューは大きく分けて「ブレックファースト」「ランチ」「デザート」「ドリンク」の4つ。

ランチタイムは11:00~のスタート。「ブレックファースト」メニューは朝だけでなく終日いただくコトができます。

今回は、ブレックファースト・メニューの中から一番人気「songbird break fast」をオーダーしました!それがコチラ。

読谷村songbirdcafeふわとろのスクランブルエッグ&ジューシーなベーコン、たっぷりの野菜がのったプレートです♪

さて英語で書かれたメニューを見てお気づきの人もいるかもしれませんが、実はsongbird cafeは外国人のお客さんも多いカフェ。特に休日の朝は近所に住むアメリカ人のお客さんが多く訪れるそう。

“朝食こだわり派”が多いアメリカ人にも満足してもらえるよう、見た目のオシャレさはもちろんのコト、味やボリュームも考え抜かれたメニューなんです!

おすすめはトーストの上にたっぷりと具を乗せる食べ方。アメリカ人のお客さんはほとんどの人がこうして食べるそうです。

読谷村songbirdcafeクチいっぱいに頬張れば至福の味。パンに乗せる具を変えれば、ワンプレートでも色々な味を楽しむことができます。

ちなみに卵やベーコンは、お願いすれば好みの焼き加減にして出してもらえます。『ベーコンはカリカリ&卵は目玉焼きで!』なんていうワガママ・オーダーもOK。

自分のお気に入りにカスタマイズした朝食で、沖縄の朝を贅沢にスタートできますよ♪

3.オススメの過ごし方

読谷村songbirdcafeその美味しさから、ブレックファーストやランチを食べに訪れる人が多いsongbird cafe。

でもオーナーさんいわく『お食事でなくとも、1杯のドリンクをゆっくり飲みながらノンビリ過ごしてくださいね。ウチは“カフェ”ですから!』とのこと。

その言葉通り、ドリンクやデザートのメニューがとっても充実しています!

コーヒー好きのオーナーさんがホレ込んだという完全無農薬コーヒーや自家製のジンジャーエール、スムージーやシェイクも人気だそうです。

そしてデザート一番人気は「シナモンロール」。ふんわりホカホカのシナモンロールは、シナモンの香りとたっぷりのアイシングが最高。ちょっと感動しちゃう美味しさです。

読谷村songbirdcafe見た目もキュートなシナモンロールが乗っているお皿は沖縄の伝統的な焼物「やちむん」。

『読谷でカフェをするなら絶対“やちむん”でって思っていたんです!』と話すオーナーさんの笑顔に、このカフェの居心地の良さの理由が少し分かった気がしました。

最後、お店を出る前に焼き菓子をお土産で買うことを忘れずに!この密かな人気商品もオーナーさんの手作り。ファンが多いsongbird cafeの焼き菓子は県内のフェスなどにも出品される実力派です♪

4.アクセス&予約

読谷村songbirdcafe沖縄でカフェタイムを過ごすにはぴったりのsongbird cafeは予約することができます!

前述の通り、席数に限りがあるため特に4人以上で来店をする場合は予約を入れるのが◎。予約は下記TELからどうぞ。

また、パスタ以外のメニューは全てテイクアウトOK!ドライブの途中に立ち寄るのもオススメです。

 

【songbird cafe詳細情報】

■営業時間:現在営業時間が変更されています。

(※詳細はサイトor 店舗Facebookを確認のこと)

■住所:沖縄県中頭郡読谷村都屋161-2

■TEL:098-923-2773

■URL:http://songbirdcafe.jp/

 

【車でのアクセス】

那覇空港から沖縄自動車道経由で沖縄南ICまで。県道85号線を沖縄・嘉手納方面へ進み国道58号線へ。伊良皆北(いらみなきた)を左折し県道6号線を進み「沖縄県立 都屋の里」の標識がある交差点を左折。所要時間約70分。

 

【バスでのアクセス】

那覇バスターミナルから「読谷線28番」乗車、「読谷診療所前」下車。(運賃1,000円)。

バス停から徒歩3分。

 

<バスなび沖縄>

■URL:http://www.busnavi-okinawa.com/map/

5.読谷でほっこり沖縄カフェタイム

『このキレイなロケーションに負けないカフェの雰囲気も、一緒に楽しんでくださいね』というのはオーナーさんの言葉。

確かに、ほっこりした時間が流れる店内はついつい長居してしまいたくなる居心地の良さでした。

窓から見える海は、特に午前中がキレイなんだそうです。早起きした朝は、ガイドブック片手にsongbird cafeで一日の計画をのんびり立ててみるのもイイかもしれません。

Pocket

コメントを書く

*
*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.