夏の足音が近づく沖縄ハーリー!2017年度版開催スケジュールまとめ

Tags: ,

公開日:2017/4/11

Pocket

沖縄ハーリー@OCVB

600年以上もの歴史を誇る沖縄県の伝統行事・ハーリー。
毎年旧暦の5月4日付近に沖縄県各地で開かれるハーリーでは数十人の漕ぎ手が爬竜船(はりゅうせん)に乗り込んで、速さを競いながら、豊漁と船の安全を祈願します。
2017年も最大規模を誇る那覇ハーリーをはじめとし、糸満や豊見城、また石垣島でもハーリーが開催される予定。
今年もいよいよ開催がせまってきたハーリー。
今回はハーリーの基礎知識とともに、2017年の沖縄各地のハーリー開催情報を紹介します。

<もくじ>
1.ハーリーってどんな行事?
2.地域別ハーリーの特徴と2017年の情報
2-1.那覇ハーリー
2-2.糸満ハーレー
2-3.港川ハーレー
2-4.奥武島ハーリー(奥武島海神祭)
2-5.豊見城ハーリー
2-6.石垣島ハーリー(海神祭)
まとめ

1.ハーリーってどんな行事?

沖縄ハーリー@OCVB

ハーリー(爬竜)は毎年旧暦5月4日前後に行われる沖縄県特有の伝統行事で、ハーレーと呼ぶ地域もあります。
ハーリーの歴史は600年前にまでさかのぼります。当時中国の南京に留学していた汪応祖は東シナ海沿岸部で端午の節句に行われる「龍船節」を目にし、帰国後に琉球王国でも取り入れたという起源が有力な説です。
沖縄ハーリー@OCVB

現在のハーリーでは竜頭と竜美尾の装飾が施された爬竜船と呼ばれる船に、数十人の漕ぎ手やかじ取りが乗り込んで他の船と行う競漕が目玉です。
沖縄県では那覇をはじめ糸満や豊見城、石垣島の離島などさまざまな地域で開催されるハーリーですが、競漕のルールから規模の大きさまで多様で、その地域ならではの特色を感じられます。
出店があったり、ステージ上でショーが行われていたりと、競漕以外にも見どころはたくさん。子どもから大人まで参加できるので、毎年地域住民を中心に盛り上がりを見せています。

2.地域別ハーリーの特徴と2017年の情報

2-1.那覇ハーリー

IMG_1015
Photo by Fricker:IMG_1015/togari1

沖縄県のハーリーの中で最大規模を誇るのが、毎年那覇港新港ふ頭で行われる「那覇ハーリー」。2017年も5月3日~5日までの3日間、終日かけて開催されます。
港周辺にはステージが設けられていて、沖縄県出身アーティストによるライブやお笑い、相撲大会などさまざまな催しが行われます。競漕を観終わってからも退屈することはありませんね。
ハーリー期間中は毎晩2000発の花火が打ち上げられるので、デートで訪れるカップルも多いのです。

那覇ハーリー2017年の情報

日程 2017年5月3日(水)~5月5日(金) 3日間
開催時間 10:00~21:00
住所 沖縄県那覇市港町1丁目
料金 見学無料
交通アクセス 駐車場なし
路線バス「泊高橋」より徒歩10分
スケジュール 5月3日:中学生および一般職域ハーリー
5月4日:ハーリー体験乗船
5月5日:御願ハーリー、本ハーリー
※メインステージやサブステージで行われるイベントあり
※花火は3日間20:40~21:00の20分間打ち上げ
問い合わせ先 098-862-1442(那覇市観光協会)

 

2-2.糸満ハーレー

沖縄ハーリー@OCVB

神事性や伝統を重んじる糸満市ではハーレーをハーリーと呼ぶのが一般的だとか。
GWや週末に行う地域も多いハーレーですが、糸満市ではこれもまた伝統に習って、現在も旧暦5月4日に開催しています。
糸満ハーリーが行われる1週間前の午前5時には糸満市の高台にあるハーレー鉦を打ち鳴らして、シーズンの開幕を市民に知らせます。
毎年3万人もの人が訪れる糸満ハーリーの種目は、大量祈願と航海の安全を願う御願ハーリーや糸満独自の操船技術を競うクンヌカセー、優秀な漕ぎ手を集めたアガイスーブなどさまざまです。

糸満ハーリー2017年の情報

日程 2017年5月29日(月)
開催時間 10:00~16:00
住所 沖縄県糸満市西崎町1丁目
料金 見学無料
交通アクセス 糸満漁港北地区と糸満市役所などに臨時駐車場あり
那覇空港から車で約30分
路線バス「糸満ロータリー」より徒歩3分
問い合わせ先 098-840-8135(糸満ハーレー行事委員会)

 

2-3.港川ハーレー

沖縄ハーリー@OCVB

毎年旧暦の5月4日港川集落で行われる港川ハーレーは糸満市同様にハーレーと呼ぶのが一般的です。集落にある拝所で祈願し、小学生から大人までが爬竜船に乗り込んで競漕を行います。最近では町外の人も参加できるようになりました。
午後からは県内各地からの猛者が集まり沖縄すもうと呼ばれる全島奉納角力大会が行われ、競漕とは違った盛り上がりを見せています。

港川ハーリー2017年の情報

日程 2017年5月29日(月)
開催時間 8:00~15:00(13:00~は全島角力大会)
住所 沖縄県島尻郡八重瀬町字港川381番地地先 港川漁港
料金 見学無料
交通アクセス 駐車場100台まで利用可
路線バス「港川」より徒歩10分
問い合わせ先 098-998-2261(港川漁業協同組合)

 

2-4.奥武島ハーリー(奥武島海神祭)

沖縄ハーリー@OCVB

南城市にある奥武島海岸で行われるハーリーは御願ハーリーや本ハーリー、転覆ハーリーやアガリハーリーなど7種目に分かれていて、美しい海に囲まれた島で競漕や見学を楽しめます。夕方から行われる合同懇親会では互いに奮闘を労い合い、食事やお酒を囲んで盛り上がれます。

奧武島ハーリー2017年の情報

日程 日程 未定(例年は旧暦の5月4日)
開催時間 未定(例年8:40~15:00)
住所 沖縄県南城市玉城奥武 奥武島海岸
料金 見学無料
交通アクセス 駐車場未定
南風原南ICから20分
問い合わせ先 098-948-7190(奥武公民館)

 

2-5.豊見城ハーリー

DSC_0277.JPG
Photo by Fricker:DSC_0277.JPG /Banzai Hiroaki

ハーリー発祥の地として知られている豊見城ではハーリー関連のイベントが年に2度行われます。
まず一つ目は例年4月下旬から5月上旬にかけて豊見城グスクにて行われる「ハーリー由来祭り」。このお祭りでは御願と御供えをして、那覇ハーリーと豊見城ハーリーの成功とともに五穀豊穣を祈願します
もうひとつは毎年7月中旬から8月初旬に豊崎美らSUNビーチで行われる「豊見城ハーリー大会」。市民ハーリーでは小学生や中学生対抗の競漕、また職域別の競漕も見られます。

豊見城ハーリー2017年の情報

日程 未定(2016年は7月24日(日)開催)
開催時間 未定(例年8:40~15:00)
住所 沖縄県豊見城市豊崎5−1 豊崎美らSUNビーチ北側
料金 見学無料
交通アクセス 駐車場未定
名嘉地ICから車で約10分
路線バス「道の駅豊崎」より徒歩8分
問い合わせ先 098-856-8766(豊見城市観光協会)

 

2-6.石垣島ハーリー(海神祭)

沖縄ハーリー
毎年旧暦5月4日に開催される石垣島のハーリー「海神祭」。石垣島ではこのお祭りが終わると、例年梅雨明けと言われています。
石垣港だけではなく白保船着場や船橋漁港でも同日に競漕が行われるのですよ。
船の安全を祈願する御願ハーリーにはじまり、一度船を転覆させて乗り込む転覆ハーリー、フィナーレを飾るアガリハーリーなどさまざまで、間近で見ると圧倒されます。
女性のみで行うマドンナハーリーも海人祭の見どころのひとつです。

石垣島ハーリー2017年の情報

日程 2017年5月29日(月)※白保船着場・船橋漁港も同日程
開催時間 8:00~競技が終わり次第終了
住所 石垣漁港:沖縄県石垣市新栄町
白保船着場:沖縄県石垣市字白保 2106
船橋漁港:沖縄県石垣市 石垣島伊原間
料金 見学無料
交通アクセス 石垣港:路線バス「石垣港離島フェリーターミナル」より徒歩3分
白保港:路線バス「白保」より徒歩5分
伊原間:路線バス「伊原間」より徒歩5分
※それぞれ駐車場あり
問い合わせ先 0980-82-9911(石垣市役所)

 

まとめ

ハーリーのイベントが活発な沖縄では、ハーリーが終わると夏を感じる人も多い様子です。ハーリーの季節に沖縄に旅行に行くという人は、沖縄ならではのイベント・ハーリーを
地域住民たちと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

Pocket

コメントを書く

*
*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.