琉美の島、久米島の魅力




今しかできないやりたいこと 沖縄一人旅特集

久米島の素朴な美しさにジワジワ魅了されている。
はての浜はもちろん、久米島旅行の楽しみ方教えます。

久米島観光の代名詞
はての浜を楽しもう

手前からマエノ浜・ナカノ浜・ハテノ浜

久米島から船で片道20~30分の場所にあるはての浜。珊瑚が小さく砕けてできた白い砂がエメラルドの海にぽっかり浮かびます。 空と海と砂浜。 ただそれだけの景色は唯一無二。景色に圧倒されるのはもちろん、はての浜の周りに広がる海には珊瑚と戯れる熱帯魚。カクレクマノミや運がいいとウミガメにも会えますよ。

はての浜を楽しもう

はての浜へのアクセスは船。定期航路はありませんのでダイビングショップ等のツアーに申し込むのが一般的です。はての浜への船はイーフビーチエリアから車で3~4分の場所にある泊フィッシャリーナから出港します。 はての浜ツアーの料金めやす(大人ひとりあたり)

はての浜往復(半日滞在) ¥3,000~¥4,000
シュノーケリング・ランチ付きの1日コース ¥5,000~¥6,000
体験ダイビング ¥15,000前後

知っておきたいはての浜

はての浜に行く場合、気をつけたいのは「トイレ」。 夏のオンシーズンには、”ナカノ浜”(はての浜ツアーではナカノ浜に行くことが多い)に簡易的な売店や東屋、仮設トイレが設営されますが、極めて簡易的。トイレは当然水洗ではありません。 はての浜ツアーに行く前日はお腹を壊さないように暴飲暴食はしないよう気をつけましょう。また船が出る前に泊フィッシャリーナでもトイレは済ませておくように。(トイレの数自体も少ないのでご注意を)

はての浜ツアーの選び方

シュノーケルをしたい、ただボーっとしたい。主に何をするかは考えつくものですが、その他できれば確認しておきたい事をお教えします。
●はての浜のどこへ行くの? 前述の通りほとんどの場合はての浜のなかのナカノ浜に行く事が多いです。せっかくなら一番大きい、はての浜の<ハテノ浜>に行きたいという方もいらっしゃるはず。どの島に上陸予定かは申込みの際に確認しましょう。
●シャワー・着替える場所は? はての浜観光の拠点となる泊フィッシャリーナ、トイレやシャワー(有料)もありますが基本は質素なつくり。例えば送迎車でサッとホテルまで帰って、温かいシャワーを浴びてのんびり着替えるなんてできたらいいですよね。 気になる方は、ツアーを予約する時に送迎や着替える場所がどこなのかもチェックしておきたいものです。

おすすめのショップ

イーフスポーツクラブ 098-985-8733 イーフビーチホテル内にあるマリンショップ。 ■
アイランドエキスパート 098-985-7746 久米アイランドホテル内にあるマリンショップ。 ■
ブルーフィールド久米島 090-5922-5283 はての浜の他、パラグライダーやSUPなどもできます。 ■
旅プラスワンで久米島の各種オプショナルツアーをチェックする

久米島の観光スポット

  • ハテの浜

    ハテの浜

    久米島と言えばやっぱりハテの浜。植物も建物も無く日かげは皆無!360°の海を楽しむために、日焼け対策はしっかりして行きましょう。

  • 比屋定バンタ展望台

    比屋定バンタ

    群青の海は水深が深い証拠。サンゴ礁が広がるハテの浜周辺は水深の浅い所が多く、青く光っているように見えます!隣にある売店の100円そばも人気です。

  • 宇江城城跡

    宇江城城跡

    比屋定バンタ展望台からは海、そして宇江城城跡からは陸地が楽しめ、久米島の異なる表情を楽しむことができます。比屋定バンタと宇江城城跡はぜひセットで!

  • おばけ坂

    おばけ坂

    「本当は上り坂なのに下り坂に見える」不思議な坂。入り口近くにタイヤのホイールが置いてありますので、”坂道を登ってくる”不思議を確認してみよう!

  • 畳石

    畳石

    スパ施設「バーデハウス」前のビーチにある畳石。畳というよりは亀の甲羅のような形で、1つ1つは畳半分ほどと意外に大きい。世界的にも珍しい火山由来の地形。

  • 熱帯魚の家

    熱帯魚の家

    小さな潮だまりの中たーくさんの熱帯魚!熱帯魚の家を最大限楽しむために、ホテル等でお麩を調達していきましょう!※周辺でお麩は販売されていません。

  • 久米島ウミガメ館

    久米島ウミガメ館

    もともとはウミガメの保護を目的に設立されたのですが、ウミガメを間近で見る事ができ、小さいお子様に人気。海の生き物を好きになるきっかけに♪

  • イーフビーチ周辺集落

    中里集落

    赤瓦の古民家やフクギの防風林など、「the沖縄」な風景がリアルに広がる久米島。レンタサイクルでのんびりぶらぶらするのもおすすめです。

久米島のホテル選び


沖縄ラボ編集部が現地取材してきました!
現地レポはホテル名をクリック!

久米島旅行Q&A

  • 久米島滞在は何日間がいい?
    那覇からの移動も考慮して、少なくとも2泊3日、観光1.5日分はあった方がいいでしょう。
  • レンタカーはいる?
    観光バスも特別無いのでレンタカーは極力欲しいところ。はての浜とイーフビーチ周辺のみもしくはサイプレスリゾート久米島のみであれば、路線バスないしはタクシーでもok!ちなみに空港・サイプレスリゾート久米島からイーフビーチ・はての浜周辺までは、バスで片道¥390、タクシーだと片道¥3,000ほど。
    久米島のレンタカー会社
    オリックスレンタカー 098-985-5151
    abcレンタカー 098-896-7766
    スターフィッシュレンタカー 090-8764-2291
    島レンタカー 070-5271-7631
    マングローブレンタカー 098-985-4680
  • サイプレスリゾート久米島に泊まるけど周辺に飲食店はある?
    サイプレスリゾート久米島の周辺に飲食店はありません。近場ですと、ホテル内レストラン・売店か車で3分ほどの空港内飲食店になります。車で10分ほどの具志川エリアに居酒屋が多少あります。
  • コンビニはある?
    イーフビーチ周辺に1軒、港に近い具志川地区に1軒ファミリーマートがあります(2018年2月時点)。ちなみにガソリンスタンドもイーフビーチ周辺と具志川地区に1軒ずつあり、空港最寄りのガソリンスタンドは具志川地区になります。

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.