夏こそ食べたい!沖縄ぜんざいの超有名店「富士家」へ行ってみた

Tags:

公開日:2016/6/20

Pocket

沖縄ぜんざい「富士家」

まぶしい太陽、容赦ない日差し、渇くノド―――あぁ!ぜんざい食べたい!

『何言ってんだ、ぜんざいは寒~い冬に食べるものでしょ?』
と思ったアナタは大間違い。沖縄で“ぜんざい”といえば、カキ氷の上に甘いお豆(主に金時豆)や白玉が乗った冷たいオヤツのこと。

一年中暖かい沖縄では、冷たいぜんざいは無くてはならない存在。
専門店はもちろん、沖縄そば屋や食堂・カフェなど県内のいたるトコロでおいしい沖縄ぜんざいを食べるコトができます。

今回は、そんな沖縄県内でも屈指の超有名店「富士家」へ行ってきました!
正真正銘の“絶品ぜんざい”の魅力をたっぷりご紹介します♪

<もくじ>
1.超人気店「富士家」ってどんなトコ?
2.コレが「富士家ぜんざい」だ!
3.富士家へのアクセス&詳細情報
4.絶品ぜんざいと、海と、音楽と。

1.超人気店「富士家」ってどんなトコ?

沖縄ぜんざい「富士家」

「富士家」があるのは那覇市・泊(とまり)。
国際通りの中間に位置する、ゆいレール見栄橋駅から徒歩で約10分の場所にあります。

お店の周辺は静かな住宅街ですが、ランチ~おやつタイムになるとお店の前には絶品メニューを求める人で行列ができるコトも少なくありません!

実はココ富士家は、沖縄ぜんざい以外にも『リーズナブルにおいしい沖縄料理が食べられるお店』としても人気。

沖縄県民にとって“お腹いっぱいご飯を食べて”からの“シメの沖縄ぜんざい”は、暑い夏を元気に過ごすための、もはや定番コース。
絶品のぜんざいが食べられる富士家に、おいしいご飯メニューが揃うのも必然と言えます!

沖縄ぜんざい「富士家」

行列ができるほど人気の富士家ですが、店内はゆったり広々。
テーブル席・座敷・カウンター席と、旅のシーンに合わせて席が選べるのも嬉しいポイントです。こんなに広いのに行列ができるというのが、逆に驚きかも!

沖縄ぜんざい「富士家」

「人気店」「有名店」と聞くと、なんだか人が多くて落ち着かない雰囲気を想像することが多いですが、富士家はむしろ正反対。
レトロなアイテムに囲まれた店内には、どことなくユッタリとした時間が流れています。

お店に足を踏み入れると、思わずホッとしてしまうのは、強い日差しから逃れられたから・・・ダケではないみたい。

2.コレが「富士家ぜんざい」だ!

沖縄ぜんざい「富士家」

お店の雰囲気にホッコリ癒されてしまいましたが、本命はココから。富士家の看板メニュー「富士家ぜんざい(税込320円)」をいただきましょう!

お店に入ってすぐの食券機で食券を購入&オーダーしたら、あとはワクワクしながら待つだけです。

さてメニュー表にある「富士家ぜんざい」の写真は、いわゆる良く知った“カキ氷”的なビジュアル。しかし、トレイに乗って運ばれてきたのは―――

器が2つだと・・・!?

沖縄ぜんざい「富士家」

そう、この「2つの器」が富士家の真骨頂!
富士家のぜんざいが、唯一無二の絶品であるといわれるヒミツなんです。

『最後のヒトクチまで、イチバンおいしい状態で食べる』ために考案されたというコノ食べ方。氷はタンブラーに、お豆(金時豆)&白玉はガラスの器に入って運ばれてきます。
タンブラーの存在感もさることながら、器に『コレでもか!』とたっぷり入った金時豆も圧巻。

昨今、世の中では“フワフワ系”のカキ氷がモテはやされていますが、それに比べ富士家の氷は一見すると固く粗そうに思えます。

ですが、スプーンを入れるとサクサク、クチに入れるとじんわり溶けていく優しい氷。
しっかりと“氷を食べている”という感覚はあるのに、『固い・粗い』といったイメージにはならない、なんとも不思議な食感です。

ぷっくり大きい金時豆の上品な甘さとの相乗効果で、食べ始めたら止まりません!

沖縄ぜんざい「富士家」

『ウチの氷は、豆の煮汁から作っているんですよ!氷もシャーベット状にしてから包丁で削っているんです。』と、企業秘密?を教えてもらいました。

さらに氷の溶け具合までも計算されているという証拠が、
『デリバリーの場合は、お召し上がりいただくタイミングに合わせて、氷の固さを変えているんです』という企業秘密その2。

そう、なんと富士家は、南国沖縄で“沖縄ぜんざい”のデリバリーもしているツワモノ。氷の全てを知り尽くしたからこそできるスゴ技です!

つまり最後まで氷がシャリっとしているのも、ほんのり甘い氷も、ふっくらお豆も、その全てが富士家の計算どおりというコト。

ちなみに、おクチなおしに「塩せんべい(亀せんべい)」がセットになってるというニクイ演出つき。繰り返しになりますが、これで「富士家ぜんざい」は税込み320円。

さすが超有名店!参りました。

3.富士家へのアクセス&詳細情報

沖縄ぜんざい「富士家」

絶品の富士家ぜんざいは、ぜひお店に足を運んで味わってほしいトコロですが、どうしてもお店まで行けないという人には、デリバリーもオススメ♪

配達可能地域は限られますが、1,200円以上~デリバリーOK!ホテルへの配達もしてくれるそうです。
(※詳細については下記HP参照)

また店内ではグッズなどの販売もあります。富士家オリジナルグッズは普段使いできるオシャレなデザインなので、お土産にも◎。おいしいぜんざいの思い出と一緒にどうぞ。

沖縄ぜんざい「富士家」

【徒歩の場合】
ゆいレール見栄橋駅から約12分。

【車の場合】
ゆいレール見栄橋駅から約5分。

【店舗詳細】
■営業時間:11:00~21:00(L.O)
■定休日:年末年始
■TEL:098-869-4657
■住所:沖縄県那覇市泊2-10-9
■駐車場:あり(15台)
■HP:http://www.zenzainofujiya.com/

★おすすめの時間帯
特にお天気が良い日は、ランチ~17:00の間は混雑することが多いそう。
『なるべく待ちたくない!』という人は、午前中or夜の時間が◎。夕涼みのお散歩がてら行くのもオススメですよ!

GEOバナー 国際通り

4.絶品ぜんざいと、海と、音楽と。

沖縄ぜんざい「富士家」

観光客はもとより、部活帰りの女子高生がぜんざいを囲んでオシャベリを楽しんだり、小学生が店内に置いてある駄菓子を買いにきたり・・・。
ココ富士屋は「超有名店」というだけでなく「地元から愛されるお店」であることが、とっても印象的でした。

『実はオーナーも含めて、店員のほとんどがサーフィンか音楽好きです!海と音楽と、こだわりぜんざいを用意してお待ちしています!』

イケメンスマイルで、そう教えてくれた上原さんはじめ、スタッフの皆さんが笑顔でフレンドリーなのも、富士家が人気店であり続ける理由なのかもしれません。

乾いたノドだけでなくココロまで癒してくれる富士家で、ホッと一息してみませんか?

Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.