テーマから選ぶ、沖縄のリゾートホテル12選

沖縄本島のリゾートホテルは数十軒とあり、どう選ぶかは悩ましいところです。
パンフレットを見ても、「外観写真はどこもキレイで、値段以外の違いが分からない!」という声多数。

そこで、沖縄中のホテルを周った沖縄ラボ編集部スタッフが、4つのテーマに分け、それぞれ厳選3ホテルをピックアップしました!

【テーマ1】すぐ泳げる!オーシャンフロントのホテル3選
【テーマ2】お子さん連れ歓迎! お部屋広め&子ども向けサービス充実のファミリーに最適なホテル3選
【テーマ3】キレイでオシャレな南国リゾート!女子旅ベストホテル3選
【テーマ4】まるで別荘!広々&キッチン付、コンドミニアムホテル3選

ビーチが目の前!オーシャンフロントのホテル3選

オーシャンフロントのホテルは、沖縄人気ホテルの王道といえます。
大きなメリットは、ビーチで泳ぐ⇔部屋でシャワー&休憩が自由自在ということ。
お部屋で水着に着替えて、手ぶらでビーチへ。気ままに楽しみ、疲れたらビーチサイドで休んでも、お部屋に帰ってもOKです。

また、沖縄らしいコバルトブルーの海は、いくらでも眺めていたくなるもの。
客室から海が見えるオーシャンビュールームなら、朝にカーテンを開けば真っ青な海、というロケーションが楽しめます。

沖縄中部の定番観光地・万座毛。特徴的な形をした断崖絶壁と、エメラルドグリーンの海が美しい景勝地です。
この万座毛の対岸に位置するのが、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」。サンゴ礁に囲まれた、白砂の美しい万座ビーチが目の前に広がるホテルです。

屋外プールやビーチそばでタオルの貸し出しがあり、手ぶらで泳ぎに行けるのがうれしいところ。大浴場&サウナや、ジャグジー&サンルームなど、海遊びとリラクゼーションを満喫できます。
客室の眺望は、一部の海が見えにくいお部屋(パーシャルオーシャンビュー)をのぞきオーシャンビューです。

目の前に広がる「ニライビーチ」は、水質の良さ折り紙付きのホテル。
潮が引いたとき、浅瀬に行くと、熱帯魚やウニ、人で、シャコなど、多種多様な海の生き物に出会えます。これは、天然ビーチならではの環境の良さを示しています。 (沖縄のビーチの中には、実は人工的に整備したビーチが少なくありません)

お部屋は、スーペリアツインの一部のお部屋を除きオーシャンビュー。
遠浅の海は、キラキラ輝くコバルトブルーと、その奥に広がる深い瑠璃色が印象的。心行くまでこの景観を楽しんでください。

ビーチまで徒歩わずか30秒。写真から伝わるように、本当にビーチのすぐ目の前がホテルです。
一部のグリーンビュー(ダブル)のお部屋をのぞき、ほとんどがオーシャンビュールーム。客室から東シナ海を心行くまで楽しめます。
この絶好のロケーションながら、客室料金はリーズナブル。 こう聞くと「お部屋は狭いんじゃ……」と心配されるかもしれませんが、オーシャンビュールームはすべて31㎡以上と十分な広さです。

お部屋広め&子ども向けサービス充実のファミリーに最適なホテル3選

子どもが生まれると、ホテル選びの基準がガラッと変わります。
旅の目的が「子どもに楽しんでほしい!」へと変わったし、
子どもがはしゃいでも気まずくない雰囲気であってほしいし、
荷物がぐんと増えたし、できれば一人一台ベッドがある部屋のほうがいい……

沖縄は、ファミリー旅行に向いたホテルが多い地域ではあります。ただ、その中でも特に、お勧めしたいホテルを3軒ピックアップしました。

広大な敷地面積に、ホテルやプール、天然ビーチが広がる大型リゾート。 施設内専用トロリーバス約15分間隔で各建物を廻り、このリゾート自体が一つの町かテーマパークのような感覚です。

客室は、一番小さい部屋でも40㎡以上。バルコニーやジャグジー付など、個性豊かな部屋タイプから選べます。

子ども向けサービスも充実しており、屋外プールエリアには子供用プールを用意し、夏季限定の0歳児から楽しめる遊具付き海水プール「ウォーターキッズガーデン」も。洋食ブュッフェではギッズコーナーが好評。託児所もあります。

幼児~中学生ぐらいのお子さんがいるなら、レンタルカートがお勧め。広大な敷地内を移動しやすくなるのはもちろん、カートに乗ること自体がお子さんにとっては楽しいものです。

沖縄でイチバン大きいオン・ザ・ビーチのリゾートホテル。
目の前のビーチは、全国快水浴場百選にも選ばれ人気です。

オーシャンフロントの客室から広がる海。スタンダード(ツイン)30㎡~ファミリールーム(4ベッド)60㎡と広めのお部屋は家族旅におすすめ。

キッズプレイランド(室内のキッズルーム)、手作り工作が楽しめるコーナー、子どもプール完備の屋内プールなど、お子さん向け設備が多いのも特徴。特に年中泳げる屋内プールは、肌寒かったり雨が降ったりしたときも遊べて安心です。うきわなどの貸し出しサービスもあります。
ビーチではお子さん向けアクティビティも多く、簡単なものならビーチに設けられた「ジャンボスライダー」、透明の大きなボールの中に入って海に浮かべる「アクアボール」。本格的にいくなら、スピードが楽しい「ドラゴンボート」や、手軽に海中をのぞける「シュノーケリング」など幅広くラインナップされています。

小さなお子さん連れのファミリーに嬉しいサービスに、おおきなこだわりがみられるホテル。
まずロビーには、珍しい動物や鳥がお出迎え。お子さんのテンションがここで一気に上がっちゃいます。
そして家族連れに嬉しいサービスですが……

◎「らくらくマミーパック」(紙おむつやおしりふきなどベビー用品の泊数分プレゼント)
◎歯ブラシは5種類の色違い
◎無料貸し出し品に、お子様用の食器・踏み台・シャンプーハット・便座・ベビーソープ・絵本・ベビーカー・ベビーベッド
◎レストラン「チュラティーダ」で離乳食を含めたお子様用キッズバイキングコーナー(アレルギー対応メニューも別途ご相談の上ご予約可能)

256室中ほとんどにあたる239室が46㎡以上と、客室の広さは十分。また、隣接のプール&温浴施設もファミリーにぴったり。露天風呂や広々プール、ビーチで楽しめます。

キレイでオシャレな南国リゾート!女子旅ベストホテル3選

いつものメンバーで、おもいっきり楽しみたい!オシャレな空間で癒されたい!
そんな女子リゾート旅にぴったりのホテルをご紹介します。

・到着日に2ボートダイブできるので、弾丸もOK! ・1人参加追加代金無しだから格安! ・ダイビング実施日は、送迎付きだから安心! ・器材のフルレンタルが無料!

魚やウミガメと一緒に、サンゴ礁の揺れる海の中で遊ぶ……それは、地上では決して味わえない体験です。
ダイビングはしてみたいけれど、いきなりライセンスをとるのは不安という方は、旅に体験ダイビングに参加してみましょう。ライセンスをもったガイドが、器材の使い方のレクチャー、準備、そして海の中での動き方、熱帯魚の見つけ方……とすべて一緒に行動し教えてくれます。

ダイキンオーキットレディスゴルフが開催された「琉球ゴルフ倶楽部」。那覇空港から車で40分と、旅行客にとってアクセスしやすいのがうれしいところ。高麗芝で統一された沖縄唯一のゴルフクラブです。

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.