Pocket

赤ちゃんと沖縄旅行。赤ちゃん連れにやさしい沖縄のホテル6選

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ

独身時代とは違って、自分が思い描く通りにはいかないのが家族での旅行。
それでも旅行は行きたいもの・・イクママにとって最大の癒しになりますよね。

ただ心配なのがホテル。観光地はさておきホテルの設備によっては、かえってストレスが溜まってしまうこともしばしば。
となるとやはり子供中心の旅行になることを前提に選ぶのが妥当です。

そこで今回は、赤ちゃん連れにも優しい沖縄のホテル6選をご紹介していきたいと思います。
これでストレスもだいぶ軽減されるはず!ぜひ参考になさってくださいね♪

<もくじ>
1.カヌチャベイホテル&ヴィラズ【沖縄本島】
2.フクギテラス【沖縄本島】
3.ロワジールホテル那覇【沖縄本島】
4.ザ・ビーチタワー沖縄【沖縄本島】
5.フサキリゾートヴィレッジ【石垣島】
6.ANAインターコンチネンタル石垣リゾート【石垣島】
おわりに

1.カヌチャベイホテル&ヴィラズ【沖縄本島】

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ@OCVB

カヌチャベイホテル&ヴィラズは、お子様連れのファミリーにとって充実したサポート体制が整っています。大きな特徴としては、アクティビティに参加したいけど赤ちゃんが参加できない・・という場合にキッズルーム(託児ルーム)を設けていること。

こちらでは有資格者の保育士さんが常在しているため、安心して任せることができます。

日頃の育児からほんの少し開放されたい・・大人だって遊びたい・・そんな時に利用できる施設があるのはとても心強いですよね!20:00まで預かってくれるので、たまにはパパママでフレンチを・・ということも可能ですよ♪
~ポイント~
★キッズ用食事:あり(離乳食(要予約)・小学生以下の食事・ブッフェ式)
★売店でのベビー用品:あり(粉ミルク・紙オムツ・おしりふき等)
★ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガード:全てあり(要予約)
★その他:ウェルカムベビーのお宿認定
公式サイト:https://www.kanucha.jp/

2.フクギテラス【沖縄本島】

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ

有名な観光スポット・備瀬のフクギ並木に位置するフクギテラス。赤ちゃんにやさしいコテージタイプのお部屋が3部屋用意されています。

お子様連れでの旅行はあれこれと心配や 気がかりが多い事…。フクギテラスではそんなママの不安をサポートする滞在を提案してくれる頼もしい存在です。

キッチン、洗濯機、ガス乾燥機を設置し、ミルク、離乳食なども自宅と同じように対応が可能。
赤ちゃんプランに関しては、貸出品が豊富。ベビーベッド、ベビーカー、ベッドガード、ベビーバス、ベビーバスチェア、ベビーソープ、授乳クッション、哺乳瓶洗浄ブラシ、哺乳瓶電子レンジ消毒容器、お子様用便座、お子様用DVD、砂遊びセット・・。これだけあればあとはミルクとオムツだけでOKですよね!

また沖縄旅行で最も人気のある美ら海水族館や海も近いので、お子様も無駄に体力を使うことなく楽しめます。
そしてたまにはママもリフレッシュ!お部屋でタイ古式マッサージも好評です。

なおお子様連れでの外食や病院など気になる点もしっかりサポートしてくれますので、初めての遠出も安心です♪

~ポイント~
★キッズ用食事:なし
★売店でのベビー用品:なし
★ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガード:全てあり(要予約)※他子供用DVDの貸出
★その他:ウェルカムベビーのお宿認定
※公式サイト:http://fukugi-terrace.jp/

3.ロワジールホテル那覇【沖縄本島】

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ@OCVB

ロワジールホテル那覇は成長に合わせたアメニティやサービスが受けられるホテルです。
赤ちゃんでしたら食事時に寝かせておくことのできるクーファンなどがありますので、ママパパが交代で抱っこしながら食べる、などをすることなく食事を楽しむことができます。

他にも大人でも体験したくなるキッズプログラムが充実。
ホテルマンになってチェックイン業務などが体験できたり、方言を覚えて景品をGETしたり・・ホテルでめいっぱい遊べるようになっています。

また、お子様に人気の絵本を取り揃えた「えほんのもり」、こちらもぜひ利用したいところです。

プラスαとして・・天然温泉も入ることのできるスパ&トリートメント施設ということもあり、お得感が満載ですよ♪

~ポイント~
★キッズ用食事:あり(離乳食・小学生以下の食事・ブッフェ式)
★売店でのベビー用品:あり(紙オムツ等)
★ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガード:全てあり(要予約)※他補助便座等
★その他:ウェルカムベビーのお宿認定
公式サイト:http://www.loisir-naha.com/

4.ザ・ビーチタワー沖縄【沖縄本島】

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ※自己撮影

ザ・ビーチタワー沖縄は、お子様連れのファミリーがいかに快適に過ごせるかが考慮されたホテルです。

大きなポイントは「らくらくマミーパック」。フロント横では紙オムツやおしりふき、おやつなどが宿泊分もらえるブースがあり、いざベビー用品が足らなくなった!という時も安心です。

なおブッフェも離乳食をはじめお子様が喜ぶメニューが豊富。定番のハンバーグやカレーなど、好き嫌いが多いおチビちゃんもこれでバッチリ!アレルギー対応食も可能です。これでパパもママもストレスなく過ごすことができるはずですよ♪

~ポイント~
★キッズ用食事:あり(離乳食・小学生以下の食事・ブッフェ式)
★売店でのベビー用品:あり(スイム用紙オムツパンツ等)
★ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガード:全てあり(要予約)
公式サイト:http://www.hotespa.net/hotels/okinawa/

5.フサキリゾートヴィレッジ【石垣島】

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ

フサキリゾートヴィレッジは客室がコテージタイプため、プライベートがしっかり守られて使い勝手も◎。多少騒いだり夜泣きしても、周囲に気にする必要なく過ごすことができます。

なおフローリング仕様などベビー向けの部屋タイプが充実しているため、ハイハイ期ややんちゃ盛りのお子様も安心です。なお食事に関しては、アレルギー対応メニューも対応可能。
心配だった食べ物関係も解決できますよ!

~ポイント~
★キッズ用食事:あり(離乳食・小学生以下の食事・ブッフェ式)
★売店でのベビー用品:あり(粉ミルク・紙オムツ・スイミング用パンツオムツ等)
★ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガード:あり(要予約)
★その他:ウェルカムベビーのお宿認定
公式サイト:http://www.fusaki.com/

6.ANAインターコンチネンタル石垣リゾート【石垣島】

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、ブランドホテルだけにホスピタリティ溢れるおもてなしで、居心地がとてもいいホテルです。6歳以下のお子様がベッドなしで添い寝を利用する場合は、宿泊料金がかからないというサービスもファミリーにとってありがたいかも。※朝食代のみ別途かかります。

なおオススメしたいのはキッズクラブ。体験型プログラムが多数あり、ビーチコーミングや生態観察、紙粘土でのシーサー作りなど毎日日替わりで実施されています。なお対象は4~12歳までとなっていますが、親が同伴なら4歳以下でも参加が可能。充実した南国ならではの遊びで楽しい思い出作りができます。
~ポイント~

★キッズ用食事:なし(離乳食等の持ち込み可)
★売店でのベビー用品:あり(紙オムツ・おしりふき等)
★ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガード:全てあり(要予約)
公式サイト:https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/

おわりに

沖縄旅行|赤ちゃん編イメージ
いかがでしたでしょうか?

赤ちゃん連れでいくなら、やはり少しでも用途の合うホテルを選びたいもの。
あれがない!これが足りない!と急いで買い物に出かけたりすることで、せっかくの滞在時間が減ってしまいますし、結局苦労するのは親になってしまいますよね。

筆者オススメホテルはどこを選んでも失敗なし!自信を持ってご紹介しました。

赤ちゃん連れの沖縄旅行、大変ですが楽しいですよ!ご検討を祈ります♪

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.