Pocket

【沖縄旅行の服装】もう迷わない!時期毎の気温、服装指南

沖縄旅行の服装イメージ
沖縄旅行で一番難しいもの、それは「服装選び」ではないでしょうか?

南の国と本土ではやはり気候は違うため、住んでいる場所と同じ感覚で行けないことは皆さまも十分お分かりかと思います。

じゃあ失敗しない服装って一体どんなものなのでしょうか?ということで今回は「もう迷わない!時期毎の気温・服装指南」をご紹介していきたいと思います。

これでどの季節に行っても大丈夫!ご参考になれば幸いです♪

<もくじ>
1.沖縄:1年の気温
2.春にオススメの服装(3~5月)
3.夏にオススメの服装(6月~9月)
4.秋にオススメの服装(10月~11月)
5.冬にオススメの服装(12月~2月)
おわりに

1.沖縄:1年の気温

沖縄旅行の服装イメージ
出典:気象庁

上記のグラフは、気象庁が発表している沖縄県那覇市の1年間の最高気温(青)と最低気温(赤)です。

沖縄県は熱帯と温帯との中間に位置しているため明確な定義はないのですが、気候区としては「亜熱帯」に属しています。

1年を通した平均気温は20度~30度、というのが定義とされているようです。※因みに本土は寒帯と熱帯の間で「温帯」に属しています。

ですので、上記のグラフの通り1月でも最高気温は24度、7月は34度、という温かい気温が1年中続くのが大きな特徴です。

沖縄旅行の服装イメージ
そんな沖縄県ですが、実は「明確な四季」というものがあまりありません。

冬はそれなりに寒くはなりますが、雪が降るのは何十年に1度あるかないか、秋に関しても紅葉が有名なスポットもありません。(今年1月、名護市と久米島町に39年ぶり史上2回目のみぞれが観測されました)

それでも沖縄では、季節を感じられるイベントを数多く開催しているため、そこで四季を感じる・・という方も多いようです。

四季がわかりにくい・・とは言えもちろん沖縄も寒暖差がありますし、海側に出れば体感温度も違ってきます。そこで筆者オリジナルの時期毎に困らない服装をご紹介していきたいと思います。

2.春にオススメの服装(3~5月)

沖縄旅行の服装イメージ

沖縄は3月に入ると温かくなり、4月になると4月になると「うりずん」と呼ばれる1年の中で最も過ごしやすい時期に入ります。

本土では桜前線真っ只中ですが、沖縄は一足先に「初夏」が訪れ、3月の下旬から4月中旬には殆どのビーチが海開きを始め、泳ぐこともできるようになります。

ただし朝晩は冷え込むこともあり、調整が若干難しいことも。そんな3月~5月にはどんな服装が適しているのでしょうか。

沖縄旅行の服装イメージ

気候が安定しているこの時期ですが、朝晩は冷え込むことも。

日中の暑さとのギャップに体調を崩しやすくなりがちです。そこを上手に乗り切るために半袖と長袖の両方を持参するのがベスト。昼間は半袖で過ごし、夕方は一度ホテルへ戻って長袖に着替えてから夜の街へ繰り出す、などの配慮を。

4月~5月には紫外線も強くなるため、帽子とサングラスなどの紫外線対策もしっかりとしましょう。

3.夏にオススメの服装(6月~9月)

沖縄旅行の服装イメージ

5月下旬になると沖縄は梅雨に入ります。6月中旬には梅雨が明け、本格的な夏到来!

日差しもグングン強くなり暑さは東京と同じレベルになりますが、カラっとしていることが多いため蒸し暑く感じることはないかと思います。

ただし油断大敵なのが「室内と外気温」の差。外は暑い!けど施設などの中やホテルは冷房が効いているため、若干の気配りが大切です。

常夏を求めて人気の高いこの時期には、どんな服装がベストなのでしょうか。

沖縄旅行の服装イメージ

基本的には「東京の真夏」と考えてもらえれば大丈夫。ノースリーブや短パンでも過ごせます。先にもご紹介した通り外から中へ入る時は温度差があるため、長袖のカーディガンをバッグに入れておくと温度調整がしやすく便利。

なおこの時期の服装は行く場所によって考えることも必要。マングローブややんばるの森の中などへ行く場合は、虫さされ対策として長袖Tシャツに長ズボンが好ましいです。

そしてスコールが多いのもこの時期なので、突然の雨で濡れてしまった時のために多めの着替えを用意していくようにしましょう。

4.秋にオススメの服装(10月~11月)

沖縄旅行の服装イメージ

那覇大綱引や大琉球・まつり王国などイベントが多い10月は、外で過ごすことが多くなるかと思います。

平均気温が25度を超えるため晴れている日はジワジワ暑く感じることも。それでも大変過ごしやすく観光がてら散歩するのも気持ちいい気候です。

11月になると「新北風(ミーニシ)」が吹きはじめるため、肌寒くなる日も増えてきます。

では、10月~11月にベストな服装はどんな感じでしょうか。

沖縄旅行の服装イメージ

日中は半袖でも過ごせますが、日によっては肌寒く感じたり海辺は体感温度も下がるため長袖のほうがいい場合もあります。

基本的には薄手の長袖で過ごすことを考えておくのがいいでしょう。半袖で過ごす場合は、カーディガンなど羽織るものを忘れずに。

なお10月になるとビーチでの海水浴やプールなどはほとんど利用できなくなります。
ですがビーチを散歩したり夕日を見たりするのが楽しいのもこの時期なので、めくれるタイプの半ズボンなどもあると便利ですよ!

5.冬にオススメの服装(12月~2月)

沖縄旅行の服装イメージ

12月は沖縄県でも「南国のイルミネーション」を始める場所が多くなり、夜に出歩きライトアップを楽しむ、などのイベントが増えてきます。

なお1月中旬からは日本で一番早い「寒緋桜(カンヒザクラ)」が咲き始め、同時にホエールウォッチングを開催するツアーもあり・・・と冬ながら楽しみが満載!

何かと外へ出る機会が多くなるこの時期ですが、どんな服装がベストなのかをご紹介していきたいと思います。

沖縄旅行の服装イメージ

日中は長袖に薄手のパーカーなど羽織るものがあれば十分過ごせますが、海辺や夜は別。
ホエールウォッチングを楽しまれる方は厚手のコートやジャンパーが必要です。

ホエールウォッチングは船に乗ってクジラがいるポイントまで行くのですが、移動時間は結構寒いです。同時に夜のイルミネーションを見に出かける方も同様の装備で行くようにしましょう。

なおお花見に関しても山沿いに桜が咲いている、という場所が多いため、ジャケットなど多少厚手の格好で行くのが望ましいと思います。暑ければ脱ぐことができますが、寒さを対処する術がないのはとっても辛いかも。

とにかく風が強い日が多いので、体感温度は低め、と思って万全に準備していくようにしましょう。

おわりに

沖縄旅行の服装イメージ

いかがでしたでしょうか。
その日によって服装を安易に変えるためにも、多少の準備が必要な時期もあります。

一番簡単なようで実は一番難しい服装準備、体調を崩さないためにも万全な対策が大切ですよね。

とはいえ、あれこれ悩んだり荷物をスーツケースに詰める間も楽しみの1つ。
旅の醍醐味をじっくり味わって、待ち遠しい沖縄の旅を快適に過ごしてくださいね♪

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.