Pocket

沖縄旅行、費用を抑えるために検討したいポイント5つ

沖縄旅行費用イメージ今年こそ行きたい沖縄旅行!でも、できるだけ費用を抑えたい・・・
そのように悩んだり、予約しようかと迷っている方は多いのではなでしょうか?
ということで、どのような点を抑えれば費用が安くなるか、そのポイントをご紹介したいと思います。

もくじ
費用を抑えるポイント1:出発日編
費用を抑えるポイント2:往復便編
費用を抑えるポイント3:旅行日数編
費用を抑えるポイント4:リゾート+那覇で抑える
費用を抑えるポイント5:セールを狙え

費用を抑えるポイント1・出発日編

古宇利島|沖縄旅行おすすめイメージ

まず初めに費用を抑えるために考えたいのは、出発日です。同じ出発地、同じ航空会社、同じホテルに泊まるプランを選んでも、一番高い日程は一番安い日程の3倍以上の開きが出ることもあります。

それは、人気の低い日程(閑散期、といいます)と、人気の高い日程(繁忙期、といいます)では、飛行機の値段もホテルの値段も大きく違うためです。

一般的に安く抑えようとする場合は、

・週末発(金~土)よりも平日発(月~水)
・夏よりも夏以外
・連休、年末年始は避ける

となりまして、特に価格が低い時期としては、12月上~中旬、1月中~下旬、4月中~下旬(GW以外)、 というあたりが年間を通して安い時期となります。

また夏に限って言えば、比較的安くて狙い目の時期としては、

6月中旬(梅雨明け)~7月上旬、9月(連休以外)

が、おすすめといえるでしょう。

費用を抑えるポイント2・往復便編

ANAで行く沖縄旅行

次のポイントとして重視したいのが、往復便の選択です。

というのも、各主要都市から多くの便が運航している沖縄・那覇路線。旅行会社のパンフレットやインターネット予約など、選ぶ便によってはかなり金額がかわる、ということも。

人気の高い=良い時間帯(往路なら午前中の8~10時頃、復路なら夕方17~19時頃を中心とした時間帯)の便は高く、逆に午後以降発、もしくは出発地によっては早朝(朝6時台など)発などは安い傾向にあります。

ですので、ある程度現地での予定を考えたうえで、1日目はゆっくり出発して那覇宿泊にする、もしくは最終日は朝食を食べてそのまま空港へ、お昼頃の便で帰って翌日の仕事に備える、という計画をすれば、割増代金を抑えた旅行をすることができます。

また、特に中部発の場合、往路午前便(午後の基本の便よりも10,000円以上高い、など)、復路夕方便の割増が高いこともありますので、

2泊3日でいい時間帯の組み合わせで行くより、1泊増やして3泊4日にして、その代わり基本便を利用する、とした方が旅行代金が安い、ということも往々にしてあります。

ということで、日程の延長も含めた便選び、を検討されるとよいでしょう。

費用を抑えるポイント3・旅行日数編

okinawa-image2

その次に考えたいのが、旅行日数についてです。先にご紹介しましたが、一般的に沖縄旅行の場合は、金・土曜日の出発が高く、また日曜日や連休最終日に帰る日程パターンが高い、という傾向にあります。

ですので、例えば土日の1泊2日で沖縄に行きたい、日曜日の夕方便で帰りたい、という場合は比較的高めの料金になるため、もう1泊して土曜日発の2泊3日、帰りは基本便(割増が発生しないお昼頃の便)で帰る、というようにすると、旅行代金もさほど上がらずにもう1泊、楽しむことができます。
無理に週末発・週末帰りにするのではなく、いかにずらすかがポイントですね。

費用を抑えるポイント4・リゾート&那覇で抑える

次は宿泊先を変えることで旅行代金を抑える方法。例えば3泊4日で沖縄本島を楽しむ旅行の場合、3泊ともにリゾートホテルに泊まるのではなく、2泊はリゾート、3泊目のみ那覇市内まで戻って那覇泊、とすれば、リゾートホテルのクラスによりますが、料金を抑えることができます。

その場合、リゾートホテルに2泊、3日目の午前中にチェックアウトした後もホテルのビーチやアクティビティで昼過ぎまで楽しむ、というのも大半のリゾートならOK(その場合ホテルの更衣室等で着替える流れになります)。
で、夕方頃に那覇市内について、夜ご飯は街中の人気の居酒屋で♪というのも沖縄旅行の上手な楽しみ方といえるでしょう。

費用を抑えるポイント5・セールを狙え

沖縄旅行費用/こそこそ話

最後は、業界の内部事情を含めた、知っておくと得をするかもしれない、セールについてのお話をご紹介。

一般的に旅行会社が販売するツアーについて、以下の時期に、特に割安感があるツアーが販売されます。その時期とは、ズバリ、以下の時期です。
・8月頃に発売される、8月下旬~9月のツアー
・2月頃に発売される、2月下旬~3月のツアー

理由は以下の通りです。

・その1:お金をあまりもたない学生旅行が売れる時期だから。
→→上記の時期はちょうど大学生が夏休み&春休みの時期で、沖縄旅行に行きたい学生が増えるため、価格重視のツアーが増える傾向にあります。

・その2:航空会社と旅行会社の間で取り決めした、飛行機の座席数を達成するため。
→→これは業界の事情になりますが、「一般的に4~9月(もしくは10~3月)の間で沖縄路線を〇万席売ってください、その代わり卸値を安くしますよ」という取り決めを2社間で行います。ということで、〇万席をいう目標を達成するために、販売状況を見ながらさらに料金を安くして取り込みを図る、ということを行います。(もちろん販売好調であればこのようなセールは行いません)。

・その3:いわゆる”期末”に当たる時期のため。
→→これは旅行会社に限らず、自動車販売会社などが「決算セール」を行うのと同じ理由です。なおご参考までに、弊社の場合は半期末=9月、決算月=3月となります(こちらもですが、販売好調であればこのようなセールは行いませんのであしからず)。

以上、沖縄旅行の費用の抑え方を、往復便や日程の選び方という観点でご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
ぜひうまく日程をアレンジして、沖縄旅行をお得に、楽しんでくださいね!

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.