Pocket

企画者が教えます!福岡発沖縄旅行を上手に選ぶポイント

沖縄旅行飛行機イメージ

福岡発の沖縄旅行、いいツアーはないかな?と旅行を探しているみなさん。

どんな基準で選べばいいのか、いつ、どんなツアーが人気なのか?気になる方も多いのではないでしょうか?

ということで、元福岡発沖縄旅行を実際に企画していた旅行会社勤務の私が、上手な沖縄旅行の選び方をご紹介いたします!

もくじ
1:沖縄旅行の日程と値ごろ感
2:格安で行きたい!飛行機とその選び方
3:人気のホテル
4:福岡空港へ行く

※本文は2017年7月時点の内容となります。

1:沖縄旅行の日程と値ごろ感

沖縄旅行の経験が少ない方にとって、まず気になるのは、沖縄で最低限見ておくべき観光スポットとそのために必要な時間ではないでしょうか。

お休みが取れる・取れないの問題もありますが、一番多い旅行日数は3日間、続いて4日間、2日間、5日間。
メジャーな観光スポットをエリアごとにグループ化すると、

沖縄北部/美ら海水族館+古宇利島+万座毛 ほぼ1日
沖縄南部/斎場御嶽・新原ビーチ・ニライカナイ橋 ほぼ1日
那覇/国際通り・首里城 半日
沖縄中部/アメリカンビレッジ・海中道路 半日
ナガンヌ島や水納島など日帰り海水浴 ほぼ1日

飛行機の時間帯にもよりますが、3日間であればメインとなるなか日に沖縄本島の北部・中部・南部のどの方面に行くか絞る必要があります。

宿泊は、リゾートや市街地に連泊するか、リゾートホテルと那覇や南部のホテルを組み合わせる場合が多いです。
最終日は空港近くにと思われる方が多いのでしょう。

なお、沖縄本島と石垣島、沖縄本島と宮古島の両方を、という場合は、最低4日は欲しいところです。1泊ずつだと中途半端でかなりもったいない滞在になってしまいます。

朝8時前後福岡発の朝イチ便、夜8時頃の那覇発最終便を利用すれば、2日間の旅行でもかなりゆったり沖縄旅行を楽しむ事ができますよ。
2日間の日程では、どうしても土曜日発、日曜日帰りの2日間に人気が集中しますので、週末2日間の沖縄旅行を計画される場合は、少なくとも2か月以上前の予約がベターです。

2:格安で行きたい!飛行機とその選び方

沖縄旅行飛行機イメージ
ひと昔前まではANAかJALグループ(JTA/JAC)の2択でしたが、近年は航空会社が増えましたよね。
福岡と沖縄を結ぶ飛行機も、ANA(全日空)、JALグループのJTA(日本トランスオーシャン航空)、スカイマーク、そしてピーチ4社が就航しており、1日21往復もあります。

この4社を一般的に安い順にならべると、ピーチ(2往復/日)←スカイマーク(4往復/日)←ANA(9往復/日)・JTA(6往復/日)。

オフシーズンの平日であれば片道3,000円台から販売されているピーチ。この料金は魅力的ですよね。
ただ、午前・午後に1便ずつしかないので、当然”いい時間帯”の争奪戦。こまめにサイトをチェックしたりSNSページをチェックして、情報収集しましょう。
また那覇空港ではアクセスが不便なLCCターミナルの利用になるので、1泊2日で往復ピーチを使う場合は、思ったよりも時間が無くて焦るかもしれません。

次にお値打ちなスカイマーク。オフシーズンの平日なら片道6,000円台から。

2大巨頭ともいえるANA・JTAは、早期割引(約3か月先の日程)で片道9,000円台。ピーチ・スカイマークの料金をみてからだと「高っ!」と思っちゃいますよね。
高いからと言ってはなから選択肢から外してしまうのは早計。
ピーチやスカイマークなど、なにも無ければめちゃくちゃ安いですが、オンシーズンの料金変動が高い!果てしなく高い!

路線のシェア率も高いので、絶対に日程がずらせないなどの人はANA・JTAでサッと予約してしまう方がいいですよ。
最近では搭乗日前日まで何かしらの割引運賃が設定されていますが、早ければ早いほど格安クラスが販売されています。
早い場合で半年前から予約可能になる事もあります。

なお、福岡発の沖縄旅行(パッケージツアー)としてツアーの種類が多いのは、ANAもしくはJTAを利用するものが多く、時期によりますが2泊3日でも2万円台から販売されております。

沖縄旅行を探す場合、ピーチ、スカイマークと並行してパッケージツアーを探すのが効率がいいでしょう。
※ツアーで便を選ぶ場合は、便の時間により割増料金が加わる場合が多いです。人気が高い福岡発の午前発便、那覇発の夕方発便が比較的高い割増料金がかかりますので、予算と時間のどちらを優先するか、現地での時間の使い方などを考えて、予約するようにしましょう。

3:人気のホテル

沖縄旅行での楽しみ。食や海が楽しみ!というのももちろんありますが、やはり「素敵なリゾートホテルに泊まりたい♪」という方が多いです。

ということで、有名なリゾートホテルとして知られる、「ザ・ブセナテラス」や「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」、「ホテル日航アリビラ」などの沖縄本島のリゾートや、宮古島の高級リゾート「シギラベイサイドリゾートアラマンダ」、石垣島の「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」など、有名なリゾートホテルに人気が集まります。

このようなホテルは、特に週末の宿泊は早いうちに満室になりますので、少なくとも2~3か月前には予約をしておくのがオススメです。せっかく沖縄に行くなら、ぜひ素敵なリゾートホテルでの滞在、楽しまれてみてくださいね。

ザ・ブセナテラス

ザ・ブセナテラス

沖縄旅行で一度は泊まりたい、沖縄随一の人気リゾート!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

沖縄のリゾートと言えばやっぱり”万座”!本島有数の本格リゾート

ホテル日航アリビラ

ホテル日航アリビラ

珊瑚礁の青い海が目の前に広がるハイクラスリゾート

4:福岡空港へ行く

さあ、沖縄旅行を予約して、あとは出発を待つだけ!という方にとって気になるのが、福岡空港への行き方や空港周辺の駐車場情報ではないでしょうか。

・電車で行く場合・・・JR博多駅から福岡空港駅まで地下鉄でたったの6分。JR博多駅ののホームから地下鉄駅まで移動、電車の待合せ時間を含めても20~25分までみておけば十分に福岡空港まで行くことができます。

・高速(急行)バスで行く場合・・・小倉や久留米、大牟田、佐賀、熊本など近隣の都市を結ぶ9路線が運行しています。詳しくはこちらをどうぞ。

・マイカーで行く場合・・・最寄りのインターは、九州自動車道なら「大宰府IC」「福岡IC」、福岡都市高速であれば「金の隈出口」「空港通り出口」のいずれかとなります(国内線の場合)。
どこから来るかによって最寄IC・都市高速出口が変わりますので、詳しくはこちらのページをご参照ください。

また、駐車場については、空港併設の駐車場の場合24時間あたり2,400円と高価ですが、空港周辺の民間駐車場であれば、空港から徒歩3~4分圏内でも1日あたり800~1,000円程度が相場。事前に予約ができる駐車場もありますので、ぜひ「福岡空港 駐車場」などのキーワードで検索をされるのがおすすめです。

Copyright 沖縄ラボ All rights reserved.